カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(7):蛇・サタン

「さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。」創世記3章1節 今日はいよいよ「罪」、人類最初の「罪」の話 […]

カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(6):我れらに形どった者

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものと を治めさせよう」。創世記1:26 ユダヤ人が記した世界の始まりには神様がお […]

カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(5):全人類への祝福

神様がなぜ、4000年前と言う時に、メソポタミアの地で、アブラハムと言う人物と約束を結んだか。つまり、なぜ人類の歴史の中のこの時、この場所、この人を選ばれたのか。とても大事な質問ですが、罪(ハマルティア)の理解について話 […]

カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(4):4000年前の人アブラハム

今日はやっとユダヤ人の歴史の話しに入れます。 大体どの民族もその始まりを語る時、先祖の話をします。その地に住んだ最初の人とか、その民族の最初のカップルなどについてです。聖書に登場する最初の人はと聞くと、「アダムとエバでし […]

カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(3):なぜユダヤ人の歴史を知る必要がある?

ユダヤ民族の話、その歴史について解説を始めたところ、いきなりユダヤ人の歴史には興味がないと言われました。挙句は歴史に興味がないとまで言われました。今の時代に生きて考えるだけで精一杯なのになんで昔の人のことを知らなければな […]

カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(2):クリスチャンとは「復活とその証言を信じる人たち」

「そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れた。その中にはすでに眠った者たちもいるが、大多数はいまなお生 […]

カテゴリー
聖書の読み方

キリスト教入門(1):クリスチャンとは「罪を知る存在」

「わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてある通り、私たちの罪のために死んだこと、」コリント人への第一の手紙15章3節 コロナウィルスのため日曜 […]

カテゴリー
聖書の読み方

聖書の読み方「バビロン陥落のダリウスは何者」(聖書の考古学」2019.8.11(B)

史実としてバビロンを陥落させたペルシャ王はキュロスですが、ダリウスと記したのはダニエル書の間違いでしょうか? ペルシャ帝国の歴代王の年表を見ると、バビロンを陥落したキュロス大王の前の王はカンビュセス1世、キュロス大王の次 […]

カテゴリー
聖書の読み方

聖書の読み方「酒宴の真相」(聖書の考古学)2019.8.11

ペルシャの大軍が迫り来る中、ベルシャザール王は何故その陥落の前夜に酒宴などを設けていたのでしょうか? 旧約聖書のダニエル書5章にはこの酒宴が設けられた経緯については記されていません。歴史的背景を知らずにこの箇所を読むとベ […]

カテゴリー
聖書の読み方

「最も大切なこと」(福音の真髄)2019.9.15

新約聖書に記されている最も古い、そして重要な信条文; παρέδωκα γὰρ ὑμῖν ἐν πρώτοις, ὃ καὶ παρέλαβον, ὅτι Χριστὸς ἀπέθανεν ὑπὲρ τῶν ἁμαρτι […]