「捏造された聖書」・聖書の考古学(文書学)

Misquote1

聖書の考古学(文書学)シリースとしては、物騒な題名ですが、これはバート・アーマンと言うアメリカの聖書学者が書いてbest-sellerになった本の、日本語訳の本の題名です。 原題は Misquoting Jesus(イエス(の言葉)の間違った引用)で、きちんとした聖書文献学の入門書です。

Misquoting

Misquote2

著者のアーマンは、高校時代にキリスト教原理主義に強く惹かれ、原理主義の神学校に進んでいった。ところが聖書文献学の講義や自らの研究を通して、新約聖書は写本の筆写を重ねて伝わる中で意図的な改変や加筆で多くの異文が生まれていたことを知る。そして、筆者の信奉していた原理主義が土台から揺らいでしまい、信仰の危機に直面する。

『捏造された聖書』 目次
1. キリスト教聖書の始まり
2. 複製から改竄へ
3. 新約聖書のテキスト
4. 改竄を見抜く – その方法と発見
5. 覆される解釈
6. 神学的理由による改変
7. 社会的理由による改変
8. 終章:聖書改竄

バート・アーマンの知見(正しい・・・と私は思う)
1. 我々は新約聖書の原本を持っていない。あるのは写本(コピー)のみである。原語のギリシャ語で書かれた写本は5000を超える。
2. 写本の多くは原本から数世紀後に写された写本の写本(の写本・・・)である。
3. 全ての写本に大小の写し違い、写本家の意図しない間違いや意図的な書き換え、がある。
4. 書き換えの大多数は取るに足らない、実質的でない、文書の意味を変えないものである。
5. しかし、節や段落や一つの章の意味が、どの写本を学者が原著に忠実と判断するかによって変わる重大な書き換えもある。
6. 正しい読みの判断が比較的簡単なこともあれば、判定に何年もかかり、未だに解決していない大変難しいものもある。

バート・アーマンの結論(誤り・・・と私は思う)
「とくに、冒頭でも述べたように、私は新約聖書というものを極めて人間的な書物だと見なすようになった。私たちが実際に手にしている新約聖書なるものは、人間の手で、つまりそれを伝承した書記たちの手で作られたものなのだった。・・・だから全霊感説というのは、ある意味では今の聖書には不適切だ。なぜなら神が吹き込んだという言葉は改変され、また一部では失われているのだから。・・・」

Misquote3

この本が2005年にアメリカの書店に並んだ時、ベストセラーで大騒ぎとなり、バート・アーマンは超有名人となった。次々と発表した本もよく売れている。メディアで取り上げられたり、出演したりで、有名な神学者や説教者とのディベートも数多くある。現在もネットを検索してみたら、文書や動画がどんどん増えている。何故アメリカではこんなに大騒ぎになっているのに、日本のキリスト教信者の間ではあまり知られていないか?

Misquote4

それは日本と違い、アメリカは進化論を学校で教える是非が裁判になる国で、聖書を一字一句すべて真実と信じこむ人がすくなくない、と言う事情によると思われる。
言語霊感(Verbal Inspiration)とは、聖書の言葉一つ一つに神の霊感が宿っていると考える、聖書の捉え方・思想である(Verbal Inspirationは逐語霊感と訳されることもあったが、機械霊感と混同され非難される場合があるので、日本の福音派では言語霊感と訳すようにすすめられている。福音派・・・本邦では米国ほど明確に福音派やリベラル派と分けることは出来ないと思うが・・・は言語霊感の立場をとるが、機械霊感説を退けている)。
アメリカではVerbal Inspirationの立場を取っている人々の中にはKing James Bible(欽定訳聖書)のみが神の霊感を受けた聖書であると主張し、様々な運動を展開している人たちが大勢いる。聖書の言葉一つ一つが重要となると、当然どの聖書を用いるかは大問題となる(この人たちにとっては)。

口語訳聖書

・・・この議論を理解するためには、日本のプロテスタント教会で主に使われている「口語訳聖書」や「新改訳聖書」の元になっている英語訳の聖書、ひいてはそれらの元になっているギリシャ語やヘブライ語の写本(群)とその編集・研究過程を知る必要がある。次回(8月21日予定)以降、解説したいと思う。(文責・義彦)

カテゴリー: 説教要約 | タグ: | コメントする

証し「めぐみの光」(M姉)

引用聖句:詩篇119篇:105節
要約:洗礼(一般的に言う「入信」)は1953年12月10日、丁度イギリスのウィンストン・チャーチルが「第二次世界大戦回顧録」を直接の受賞理由としてノーベル文学賞を受賞した日。当時は戦後間もない時期で駐留米軍の影響力も大きく、そのためかキリスト教に入る人々が大勢いました。今日見回すと当時一緒に信仰に入った仲間で未だ信仰を持ち続けているのは自分以外だれもいません。1678年に書かれたというジョン・バニヤン の小説「天路歴程」には励まされました。 外国生活などを通して聖書の中の多くの言葉(詩篇23篇4節「たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません・・・」、ヨハネによる福音書20章29節「・・・見ないで信ずる者は、さいわいである」、伝道の書12章1節「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ・・・」)が自分を支えてきました。聖書をいつでも手にして神様を讃美すること、讃美歌は単なる歌ではなく、み言葉を元に作られています。洗礼を受けてからの60年の歩みは、み言葉というすごい光によって照らされて今に至っているのだなと最近感じるにつけ、60年はそう長くないもの、洗礼も昨日の如く感じられ、み言葉を忠実に守ってこれからも歩んでいきたいと思っています。

*『天路歴程』(てんろれきてい)(英: The Pilgrim’s Progress、 Part I (1678年)正篇、 Part II (1684年)続篇)は、イギリスのジョン・バニヤン(バンヤン、バニャンとも)による寓意物語。プロテスタント世界で最も多く読まれた宗教書とされ、特にアメリカへ移住したピューリタンへ与えた影響は『若草物語』にも見える。(https://ja.wikipedia.org/wiki/天路歴程)

(上は約27分のお話しの要旨です。文責・義彦)

カテゴリー: 説教要約 | タグ: | コメントする

過去のページへのリンク

https://w1.nirai.ne.jp/oki-yuai/churchorg/

過去のページです。いずれ消える予定です。

カテゴリー: お知らせ・行事予定 | コメントする

聖書を読んだサムライたちIII

聖書を読んだサムライたちIII

~時代を駆け抜けた3人のなでしこたち~

新島八重 8/18(日)

荻野吟子 9/1(日)

津田梅子 10/6(日)予定

 

カテゴリー: DVDによる学び, 説教要約 | コメントする

桜島

キリストの教会全国大会in鹿児島
2013.7/31(水)-8/2(金)城山観光ホテル
に参加しました。皆様との交わりで恵まれた時を過ごせました。
ホテルから見える桜島は気高く、雄大でした。

img

カテゴリー: お知らせ・行事予定 | コメントする

第64回キリストの教会全国大会参加報告

2013年8月4日(日)礼拝説教
聖書:コリント人への第二の手紙5:17-21
説教:鎌田凡夫 長老

カテゴリー: 説教要約 | コメントする

詩篇の学び 第13回 詩篇57篇『洞穴のダビデ』

2013年7月29日(日)礼拝説教
聖書:詩篇57篇
説教:鎌田凡夫 長老

「神よ、わたしをあわれんでください。わたしをあわれんでください。わたしの魂はあなたに寄り頼みます。滅びのあらしの過ぎ去るまではあなたの翼の陰をわたしの避け所とします。」で始まる、詩篇第57篇の背景となっているのはサミエル記上24章の記述である。ダビデの人気を妬み、その命を狙って襲ってくるサウルが洞窟の中で眠っているところを、神に油注がれた者ということで剣にかけることをを拒んだダビデの信仰がうかがえる詩篇である。是非ご一読を

20130730-005837.jpg
『あなたは、この日、自分の目で、主があなたをきょう、ほら穴の中でわたしの手に渡されたのをごらんになりました。人々はわたしにあなたを殺すことを勧めたのですが、わたしは殺しませんでした。『わが君は主が油を注がれた方であるから、これに敵して手をのべることはしない』とわたしは言いました。サムエル記上24:10』
図は https://etc.usf.edu/clipart/ よりダウンロードしました。

カテゴリー: 説教要約 | コメントする

聖書を読んだサムライたちII

聖書を読んだサムライたちII

~世界にはばたいた4人の男たち~

ジョン万次郎・新島襄 6/2(日)

福沢諭吉・新渡戸稲造 7/7(日)

カテゴリー: DVDによる学び, 説教要約 | コメントする

聖書を読んだサムライたち

聖書を読んだサムライたち

~龍馬をめぐる5人の男たち~

勝海舟・西郷隆盛 4/7(日)

澤邊琢磨・今井信郎 坂本直寛 5/5(日)

西郷隆盛、勝海舟をはじめ、明治維新の時期に、キリスト教の教えに触れ、聖書を読んだサムライたちをご紹介しているDVDです。
原作の著書も同名です。

カテゴリー: DVDによる学び, 説教要約 | コメントする

きみはきみらしく

絵本「たいせつなきみ」シリーズの第3弾「きみはきみらしく」は、DVD化もされています。
鼻を緑色に塗るという流行に主人公のパンチネロものせられていきます。
でも、最後はその愚かさに気付いて・・・というストーリー。
野の花でさえ、きれいに飾ってくださる神様が、私たち人間のことを考えてくださらないはずはないということを、
改めて思い出させてもらえる絵本です。

カテゴリー: 説教要約 | コメントする