リンク

リンクのセクションを設けるに当たり先ずはリンクの意味について考えてみました。

現在のChristian Church/Church of Christ/Disciples(本邦ではキリストの教会有楽器派・キリストの教会無楽器派とディサイプルス)の設立文書とも言えるトーマス・キャンプベルの宣言および提言(Declaration and Address)(1809年)は3つの概念にまとめられる13の提言から成り立っています。
その要点は
(1)キリストの体なる教会の中に分派のあることの罪深さ、
(2)聖書の教理(教義)の唯一の基準としての充分性、
(3)キリストの精神の現れとして不可欠な愛と寛容の必要性、です。

The founding document of the movement, Thomas Campbell’s Declaration and Address, was written in September 1809 and consisted of thirteen propositions grouped around three concepts: (1) the sinfulness of divisions within the body of Christ; (2) the sufficiency of the Bible as the only standard for doctrine; (3) the necessity of love and forbearance as essential manifestations of Christian spirit.

Reid, D. G., Linder, R. D., Shelley, B. L., & Stout, H. S. (1990). In Dictionary of Christianity in America. Downers Grove, IL: InterVarsity Press.

このベージにはこの精神に則り参照いただけるリンクを掲載します。各自ご自身で聖書の言葉に照らしながら一つ一つ吟味頂ければ幸いです。

  • 横田キリストの教会(https://japan4christ.info)・リンクの設定を提案してくださいました。ありがとうございます。